例外のカメラ

家電扱いになっているデジカメですが、何事にも例外というものがあります。デジタル化が進み、旧式であればあるほど価格は落ちていきます。最新型は画素数や処理速度などデジタル技術が進み、旧型に比べ進歩しているのですが、カメラという基本技術からは逃れることはできません。例外のカメラ、それはカメラ本体が優れているプロ用のものです。

デジカメデジタル一眼初期であっても、プロ用のそれは通常の一眼レフとはカメラの性能そのものが違います。極端な話ですがスマホがいくら進歩しようと、一眼レフのカメラにはかないません。どんなにデジタルの中身が進歩しようと、画像を取り入れるレンズの大きさはスマホでは限界があり、物理的に無理があるのです。スマホ画面やその画面と同等サイズの印刷では分かりにくいですが、大きく引き伸ばすとその違いは如実にでてきます。

プロ用のデジカメは毎年のようには新型は登場しません。ですがデジタル技術に加えカメラ本体が優れている(お金がかかっている)ため価格が急落することはありません。そのため購入するさいには特価で手に入るということもありませんが、買取りにだすときにも急落することはなく安心して買取りにだすことが可能となっています。

一般家電との違い

前項で示したようにカメラの買取りサービスはかなり有効的な手段だといえます。家電化したカメラですが、通常の家電と違い、中古市場は盛んです

中古市場この中古市場は需要と供給が釣り合っていないと成り立ちません。家電には買取りサービスや下取りセールなどを行っていますが、メーカーにとっては有効的な手段とはいえません。リサイクルショップ以外で家電の中古品が売られているのを見たことがあるでしょうか?下取りを行っているはずの大手電気店で中古品のコーナーが表にでているところを見たことはありますか?まずないはずです。電気店は使えるものは業者に流すかもしれませんが、使用できないものも下取ることもありますので、それらは処分するしかありません。そのため電気店にとっての下取りとは値引きと同じことになるのです。そのためある程度の金額しか行うことはできません。あくまでサービスの一環なのです。

ですがデジカメは違います。車と同様に中古市場が盛んに行われていますし、なにより店内でも中古を販売していることもあります。それほどまでに盛んに行われていますので、家電扱いであっても通常家電のように買取り(下取り)価格は一律ではなく、商品に合わせた価格であり、次に購入するカメラへの十分な資金になるのです。

カメラの買取りサービス

カメラカメラは「カメラ」というカテゴリーであり、電化商品とは違うもの“でした”。なぜ過去形かというと、現在はカメラのほとんどはデジカメでありカメラは家電扱いになっているからです。

フィルムカメラとデジカメの大きな違いは取り込んだ画像を保存する方法です。フィルムカメラは物理的にフィルムへと写しこみます。デジカメはレンズより取り込んだ画像をデジタル処理してデータとして保存します。画像を取り込む方法は両者ともレンズを通して行い、カメラという基礎理論は大きくは変わっていません。ただ保存方法の違い、これがカメラが家電になった原因です。昔からPCを扱っている人は分かっていることなのですが、CPUやハードディスクなどコンピューターの処理速度や保存用の媒体は1年いや半年ごとに進んでいます。最新型のPCやそれに使用されていた機材は半年後には旧型になり性能も抜かれ価格も下がることになります。デジタル技術が使用されているデジカメも同様に、カメラそのものではなくその中身であるデジタル技術が秒単位で進化し続けているのです。そのため価格の変動が激しく家電と同様にすぐに旧型へと変わってしまうのです。

そのため買い替えも盛んに行われることになるのですが、価格が変動するといっても一眼レフとなると安い買い物ではありませんし、スマホのように本体が無料になることもありません。そのため買取りサービスが行われていることが多く、それを利用しない手はないのです。

▼関連情報▼
カメラ買取
一眼レフカメラだけでなくレンズや周辺機器も買取しているカメラ買取専門サイトです。