例外のカメラ

家電扱いになっているデジカメですが、何事にも例外というものがあります。デジタル化が進み、旧式であればあるほど価格は落ちていきます。最新型は画素数や処理速度などデジタル技術が進み、旧型に比べ進歩しているのですが、カメラという基本技術からは逃れることはできません。例外のカメラ、それはカメラ本体が優れているプロ用のものです。

デジカメデジタル一眼初期であっても、プロ用のそれは通常の一眼レフとはカメラの性能そのものが違います。極端な話ですがスマホがいくら進歩しようと、一眼レフのカメラにはかないません。どんなにデジタルの中身が進歩しようと、画像を取り入れるレンズの大きさはスマホでは限界があり、物理的に無理があるのです。スマホ画面やその画面と同等サイズの印刷では分かりにくいですが、大きく引き伸ばすとその違いは如実にでてきます。

プロ用のデジカメは毎年のようには新型は登場しません。ですがデジタル技術に加えカメラ本体が優れている(お金がかかっている)ため価格が急落することはありません。そのため購入するさいには特価で手に入るということもありませんが、買取りにだすときにも急落することはなく安心して買取りにだすことが可能となっています。